人間関係(職場、友人、夫婦、親子など)・トラウマ・AC・セクシャルマイノリティ・恋愛・性格等 多方面に対応。
心理学講座 アートセラピーワークショップも行っています。
奈良県大和郡山市 JR郡山駅からすぐ
  1. 辛いときだって、楽しんでいい
 

辛いときだって、楽しんでいい

わたしは、クライエントに

「ほっとすることをしてください」
「楽しめることをしてください」
「気持ちいいなぁと思うものを見てください」

と言うことが、しばしばあります。


自分と向き合うということは
とてもエネルギーの要ることだし
苦しいことだってあります。

そもそも
辛かったり苦しかったりして
いっぱいいっぱいな状態で
いらっしゃる方も多いです。

それでも
日常生活は送る必要があるので

なるだけ、心に栄養を
あげてほしいと思うのです。


そんなとき
よくあるお返事が

「やるべきことができていないのに・・」

「そんなことをする間があったら・・」

「それよりも問題解決が先」


そこには

 今の自分の問題を解決して
 やるべきことをやってからでなければ
 ほっとしたり楽しんだりしてはいけない

という考えがあるようです。


ちょっと待ってください。

胃潰瘍でしんどくて、やるべきことができない人は
胃潰瘍を治して
やるべきことをやってからでなければ
ほっとしたり楽しんだりしてはいけないのでしょうか?

違いますよね。


胃潰瘍の治療中に

ほっとしたり楽しんだりすることによって
心にゆとりができて

却って
回復が早くなったりするものです。


ね?



ほっとすることもないし、楽しいと思うこともない?
とにかく辛いし、苦しい?

そんな方もいらっしゃいますね。

いいんですよ、

わざわざ探さなくても。

辛いねぇ。
苦しいねぇ。

それでいいんです。

そこから始めましょうね。