人間関係(職場、友人、夫婦、親子など)・トラウマ・AC・セクシャルマイノリティ・恋愛・性格等 多方面に対応。
心理学講座 アートセラピーワークショップも行っています。
奈良県大和郡山市 JR郡山駅からすぐ
  1. 『その経験で、あなたはbitterになりたいのか、betterになりたいのか』
 

『その経験で、あなたはbitterになりたいのか、betterになりたいのか』

*** *** *** ***

 その経験で、あなたはbitterになりたいのか、betterになりたいのか。

  (アメリカの牧師)

*** *** *** ***



大藪順子氏の講演で出会った言葉です。 

大薮氏は、アメリカのフォトジャーナリストです。 
性被害サバイバーとして
性犯罪を少しでも減らすために活動されています。

彼女が苦しみから抜け出せないでいたとき
牧師である彼女のカウンセラーが
彼女に言ったそうです。

「 その経験で、あなたはbitterになりたいのか、betterになりたいのか」

彼女は言います。 

「わたしの身に起こった出来事は
 わたしのチョイスではなかったけれど
 これからの人生は、わたしがチョイスできる。」 


傷ついたこと、苦しかったこと・・ 
性被害に限らず
さまざまな過去の出来事が
現在の生き辛さをつくっています。 

そのときだけでなく
今の自分をも支配する辛さ、苦しさ。。 

それは
自分が望んだことではなく
圧倒的に理不尽で
怒りも悲しみも、あまりにも深い。 


それでも

betterに生きる力が
人にはあります。


それは、決してよい経験ではなかった。 
なければよかった経験だった。 
それでも
これからを、betterに生きていくことはできる。 

bitterではなく、betterに生きていく。 

その力が人にはあるのです。