人間関係(職場、友人、夫婦、親子など)・トラウマ・AC・セクシャルマイノリティ・恋愛・性格等 多方面に対応。
心理学講座 アートセラピーワークショップも行っています。
奈良県大和郡山市 JR郡山駅からすぐ
  1. 依存と共依存A 「依存」
 

依存と共依存A 「依存」

人に対する「依存」というのを
極端に表現するならば
『自分の人生の責任を他者に求めること』です。

 あなたが○○したから、わたしはずっと不安でいなきゃならない。
 あなたが○○してくれないから、わたしはずっと救われない。
 あなたに愛されないわたしなんて、生きている価値がない。

そういった状態です。
あくまでも、依存が極端に強い場合ですけれど。


それに対して

 あなたが○○したから、痛かったよ。
 あなたが○○してくれないから、悲しかったよ。
 あなたに愛されないのは、わたしにとっては辛いことだな。

こういうのは、あたりまえで
依存とは言いません。

他者の言動によって
いろんな気持ちが湧くのは、当然ですよね。


そして
人は親しくなれば
ある程度の依存は起こってきます。

相手の言動に影響を受けやすくなるので

 わたしが苦しいのはあなたのせいよ!
 あなたが○○したからよ!

なんて場面も、珍しいことではありませんね。


依存が悪いこととは限りません。
相手が、自分の依存の程度を受け入れている限り
2人の関係性においてはOKということになります。


ただ、ひとつ言えることは
依存の度合いが強ければ強いほど
それは、生き辛さに繋がっていくということです。

依存が強いと
自分の不安を、相手にぶつけます。

近い関係性だと、ある程度は軽減されますが
依存が強ければ強いほど
次々と不安が現れて、その解消を相手に求めてしまい
際限がなくなります。


愛するパートナーがいるのに、いつもどこか不安。
楽しい時間が長続きしない。
喧嘩ばかりしている。

こういう状態は、やはり苦しいんじゃないかなと思います。


参考までに、依存のチェックリストを提示しておきます。
あてはまる項目が多いほど、依存度は高いです。
高いからよくないということではありません。
あくまでも、今の状態を知る手助けにしてください。


≪依存度チェックリスト≫
パートナーや親、子、身近な友人等を想定して、あまり考え込まずに進めてください。
全部で30項目あります。
想定した相手をAと表現しています。

・Aがいなければ、自分の人生が何もない(何もなかった)と思ってしまう
・Aがいなければ、生きていけないと思ったことがある
・Aがいなければ一人では何もできない・決められないと思ったことがある
・Aの愛を手にいれるためなら、どんなことでもしたい、してしまった
・Aのことが自分にとってすべてであり、ほかの事や興味のあることが狭められてしまう

・Aに愛されている実感をもてないと、すごく不安になる
・Aが側にいないと極端に寂しくなったり不安になる
・寂しさや不安感を、Aに埋めてもらおうとする
・Aにどうしたらいい?どうする?と何でも聞いてしまう
・心配や不安から、Aに疑いをもったり干渉し過ぎてしまう

・Aのことはすべてを把握しておきたいし、わからないと不安になる
・自分のせいで失敗することが怖い・責任を負いたくない
・Aの要求を自分が嫌と思っても受け入れてしまう
・自分のことは後回しにしてAに優しく尽くしてしまう
・自分さえ我慢すれば、うまくいくと思ってしまう

・Aから意見の違うことや欲求を押し付けられても自分が悪いんだと思ってしまう
・周りから別れたほうがいい(親子・友人の場合、距離を置いたほうがいい)
 と言われても、別れられない(距離を置けない)
・Aを私の力で変えてあげるんだ、助けてあげるんだと思ったことがある
・Aに対して要求することが多い
・「自分が死んでもいいのか」「絶対に許さない」など、Aを脅したことがある

・Aの携帯や手紙を勝手に読んだ、覗こうとしたことがある
・Aが言うことを聞いてくれても、雲のように手ごたえがなく物足りないと思ったことがある
・反論されても、最後は言い負かし相手が折れる
・仲が良いということは考えも同じでなければいけないと思ったことがある
・トラブルさえなければ2人はうまくやっていけると思う

・この人には絶対に自分が必要だと思う
・ジェラシーがあり相手から離れられなくなる
・別れの予感を感じるとパニック状態になり、何が何でもAを取り戻そうと思ったことがある
・相手の浮気(親子の場合は隠し事)を徹底的に掴み、証拠を得ないと気がすまない
・Aが間違った方向へいかないかと思い、見張ってしまう。

次は「共依存」について。